ロゴ

初節句の内祝いなら縁起物のお米ギフトが好印象【感謝の意】

子供

初節句の内祝いに相応しいギフトの種類

内祝いというのは子どもが生まれて初めての節句のことを言いますが、内祝いを頂いた人達にどのようなギフトをお返しするといいのか迷うところです。ギフトでいえば食べ物からタオル、最近ではフォトフレームなども近しい人達に送るには喜ばれるものとなっています。フォトフレームを送る場合には、両親や義理の両親に向けて購入して贈る場合が多く、初節句の写真と一緒にして贈ることで孫のかわいい姿を毎日眺めることができます。会社の上司や目上の人であれば、その人の好きなものをリサーチしておいて、お菓子を贈ったりすることもベストな洗濯だといえます。その他にも消費できるものといえばお米などがありますので、ギフトには様々な種類があるものの食べ物として送るにも最適です。

子供

内祝いを相手に渡す時のマナー

内祝いではお米などが人気なのは、今ではご当地ものの珍しいお米などもたくさん出ていることから初節句では喜ばれることも多いです。お返しをする際には、マナーがありますので最低でもこれだけは知っておくと便利です。まず紅白5本の蝶結びの熨斗を使いますが、購入をするとすればスーパーでも売っています。そして表書きには「初節句内祝」と書きますので、子供の名前と一緒に書いて贈るのが一般的になります。身内でも、祖父母がくれたのであればお返しを考えるよりも、しっかりと顔を見せたり連絡をすることで喜ばれます。直接渡すことが出来る人には極力足を運んで渡すことで、相手に感謝の気持ちを表すことができるので足まめでいくことがベストです。